体験者の感想 

3in1

セッションで体験することは一人一人違います。あくまで個人の感想なのですが、体験者の感想はセッションを受ける上での参考になると思います。いただいたメールをご本人の許可を得て掲載させていただきました。

体験談1 宮崎 まゆ様 (40代 女性) ハンドメイドデザイナー

「ありのままの自分でいいんだと」と心から実感できました。

ハンドメイドデザイナ-宮崎様

昨日はありがとうございました。

最近、頑張っている自分に少し疲れたと感じ今回、セッションの申し込みをさせて頂きました。

昨日はセッションで「身体に聞いてみる」という楽しい体験をさせて頂きまして、ありがとうございました。

普段、頑張ることに人生の充実感を感じている私は、怠けてしまった自分やボーっとしている娘たちの日常がたまらなく嫌で怒りをぶつけてしまうことが度々ありました。

でも昨日のセッションの中で、自分が感じていることや思っていることと、心や身体が感じていることが結構違うことを身をもって体感させていただきました。

その中で身体が感じていることが本来の自分であり、そのことを体感したときに自然と涙があふれてきました。

「そんなに頑張らなくても、ありのままの自分でいいんだ」ということをセッションを通じて気づかされ、とても穏やかな気持ちになりました。

また、少し疲れたときは、真由美さんにお手伝い頂き、身体の声を聴いてみたいと思います。

本当に貴重な体験、ありがとうございました。

セッションのお申し込みはコチラから

体験談2 秋本 様 (20代 女性) 事務職

自信がつきました。今後やりたいことに挑戦していきたいです。

秋本様

正直、私は、これを受ける前、期待半分と怖さ半分でした。
この怖さというのは、どんなことをやるのかが具体的にイメージがつかなかったことと、受けることにより自分をさらけだすことです。自分の秘密や知られたくない過去を第三者に知られることに、少し躊躇してしまう気持ちがありました。

しかし実際には信頼できる友人が一人増えた感じで、かえって安心しました。

セッションは、質問されて体の反応を見ていくものでした。
私の今回のテーマは、「他人の評価を気にしてしまう」という事。

この問題のポイントを探す為、質問が始まり、関係人物が一人いることが分かりました。その時、私の脳裏には一人の人物が浮かんだのです。そして真由美さんが「今、思い浮かべている人はこのテーマを扱う上での関係者ですか?」と質問をされました。そしたら驚くことに、私が浮かべた人物ではなく思いがけない人だったのです。

それは、私が小学校1年生の担任の先生。

それが分かった時、何故だかわからないけれど涙があふれてしまいました。

しかし、その先生のことは全く記憶になく、その先生と過ごした日々までも空白の時間となっていたのです。ですから、その先生とのつながりが最初はさっぱり分かりませんでした。

しかし、セッションを続けていくうちに、とても嫌な気持ちになり・・・その記憶がぱっとよみがえったのです。

「教室で小学校1年生の私が先生に手を挙げ、黒板の前で正しい答えを発表しているのに先生が必ずあら捜しをして指摘された」事を思い出しました。そして、それが原因で、何をやっても自分は間違っているという感覚が蘇って自信がもてないでいることが分かりました。

また、今現在、嫌いだと思っている人が二人いるのですが、この人にその先生を投影してみていたことにも気づきました。セッションが終わってからは、この二人に対して嫌な感情はなくなりました。

この解放をきっかけとして、今後やりたいことに挑戦していきたいし、その自信がついたように思います。

セッションのお申し込みはコチラから

体験談3 松井 宏文 様 (40代 男性) 占い鑑定士

スリーインワン・コンセプツ®はすごいですね!                         

占い鑑定士 松井様

普段占い関係の本を製作したり、占いの鑑定もしていますが、占いに関心のある人がよく口にするのが「自分の可能性を伸ばしたい」とか「自分の能力を発揮したい」という言葉です。

占いには、人を開運させるための技法的なものもありますが、どちらかというと、現実の自分自身を見せつける部分は得意でも、そのあと相談者の暮らしぶりが、実際的に上を向いて、ハッピーになっていくかどうかは、その人次第となってしまうのが正直なところです。

そんな限界について考えているときに、心のブレーキやトラウマ的なものを開放して、仕事や夢の実現を前向きにさせるスキルがあるということで、今回スリーインワン・コンセプツ®のセッションを体験してきました。

私自身には、今、自覚している悩みらしい悩みはとりたててなかったので、悩みというより、現実生活の問題として「やりたいことが沢山あるけど時間が足りない」という困りごとがあって、焦燥感に追われていることを相談しました。

ところがセッションが進んでいくと、「時間がない」という悩みは、「自分が理解されていない、わかってもらえない、助けてもらえない。だから自分がすべてやらなければならない」という思考パターんが原因なのでは、と指摘されました。更に、人からサポートしてもらうことをあきらめてしまっていることも指摘してもらいました。

「なんでそんなことがわかるの???」という感じです。

「時間がない」という困りごとも、より深いところにあったのは、私自身の奥さんに対する、あきらめの感情や思い込みに問題があったのです。

私の心の中に「自分の事情や感情を、どうせ言ってもわかってもらえないだろう」という奥さんに対する不信感があって、それがストレスになり、更にそのことを、あきらめてしまっていることに気づきました。

これは今回の場合だけではなく、確かに今までの人生を振り返っても「どうせ言ってもわかってもらえないから、言わない」という場面は折に触れてありました。その結果、自分だけで抱え込んで時間がないと感じ続けていました。

確かにそういう癖や傾向があるのです。

更にセッションがすすんで、それを扱うのに最適な年齢までさかのぼっていきました。するとなんと、生後一か月のところにたどり着いたのです。

赤ちゃんのころ、かまって欲しいときにかまってもらえなかったのか、泣き叫んでも誰も何もしてくれなかったまか、その頃の原体験が人に対する不信感をつくっているようなのです。

その後、赤ん坊のころに戻って母親との関係を修復するセッションをしてもらい「言っても理解してもらえない、反応されない、助けてもらえない」という思い込みが解かれていくのを感じました。

そしてセッションも終わり、まゆ先生から宿題をいただきました。(身体から指示されて出された宿題で、ファシリテーターが出した宿題ではありません。)

「奥さんに思いを伝える」という宿題でした。

そして家に帰ってから自分の中の「どうせわかってくれない」という思い込みを超えて、率直な思いを奥さんに伝えました。セッションでストレスを解消したおかげでしょうか、思っていたより楽に伝えることができました。

すると奥さんもきちんと耳を傾けてくれ、理解を示してくれました。すっきりしました。

そして、「人に頼むの下手だもんね」という言葉まで返ってきました。

まゆ先生にも「人に頼むことができるかどうかは、自分のビジネスを広げていくときに、とても大切なポイントになる」とアドバイスをもらいましたが、同じ言葉が奥さんからの口からもでてきました。

「人に伝えること、叫ぶこと、頼むこと、任せること」

悪い癖が出ないよう、まずは意識することからスタートです。こういう気づきとアクションを与えていただいて感謝です。

スリーインワンコンセプツ®はすごいですね。

セッションのお申込みコチラから

体験談4 堀江 伸幸 様 (30代 男性)

よく眠れるようになり、仕事に対する意欲が湧いてきました!

堀江 様 

先日は、素晴らしいセッションをありがとうございました。

セッションを受ける前に比べ、気持ちも体の状態も、確実に良くなったと感じております。

ここ数ヶ月、仕事などで、自分にとって不都合と考えられることが重なりモチベーションの低下、挫折感、不安感などを感じていました。変な緊張感があり、夜もよく眠れないときがありました。

ネガティブに考えてしまいがちで、仕事に前向きに取り組めなくなっていました。何とかこの状態を変えたいと、セッションを申し込みました。

セッション中は、今までに体験したことのない事ばかりで、非常に不思議な感覚でした。

最初に体と筋肉の状態を見ていただきました。自分で思っていた以上にストレスを感じていたようでした。

セッションでは、図形を描いたり、文章を書いたり、2歳のころに立ち戻ったりと、一つ一つ、体に確認を取りながら、進めているようでした。

ですが、セッション後には、体や筋肉の状態も明らかに変わり、また、気持ち的にも、かなり楽になったと感じております。

まだ、セッションを受けて数日ですが、夜が非常に良く眠れるようになりました。

仕事中、不都合な事が起こると、落ち込んでしまいがちでした。今まで気を取り直して、前向きに取り組むまでの時間が早くなりました。

仕事に対する意欲も取り戻せたように思います。

セッションの最後には、ワークを頂きました。その日自分が成し遂げたことを書き出して、自分のことを認めてあげることでした。今の状態が定着・強化できるよう、今後もワークを続けていきたいと思います。

ありがとうございました。

セッションのお申し込みはコチラから

体験談5 高橋  有紀子 様 (50代 女性)

スリーインワンコンセプツ®をもっと早く知っていたら良かったのに!

高橋  様

先日は不思議な体験させていただきありがとうございました。

もともと、潜在意識とか、○○セラピーとかに興味があり、いろいろと体験していたのですが、スリーインワン・コンセプツ®は今回が初めてです。

真由美さんとは、初めてお目にかかったのですが、とても温かく受け入れてくださり、安心してセッションを受けられました。

今回、「自信がない」ということについて、セッションしていただきました。軽くリハーサルを行った後で、セッションに入っていきました。

でも、私が立っているだけ!真由美さんと私の身体が対話して、勝手に体が答えている。それについて、頭で考えてみると、あれがそうだったか・・・って納得できる感じでした。私の場合、思い当たる節はあったのですが・・・それよりも、かなり根が深かったようです。実は・・・2歳の時の出来事だったとは!

不思議とその2歳の時の情景がうすらぼんやりと蘇って、勝手に涙がこぼれました。

それを癒すセッションを受け、心の根幹のわだかまりが溶け、温かい気持ちで心が満たされていくのがわかりました。2歳の時のことは潜在意識が覚えていることであって、今の私には記憶にはっきりあるわけではないのですが、思い出した内容がすごく腑に落ちました。

通常、潜在意識を扱うセッションだと、セッションをする側と受ける側にの信頼関係を作ってからではないと、なかなか本音を引き出せななかったりすることがあると思うのですが、スリーインワン・コンセプツ®は、その時間が必要なさそうです。

セッションを終えて、何かすっきりして「やってみようかな」「できるかも!」という気持ちになってきました。私のプログラムのバグ修正をしてもらった感じです。もっと早くスリーインワン・コンセプツ®を知りたかった! と思うのは欲張りですね。 (笑)本当にありがとうございました。

セッションのお申し込みはコチラから。

体験談6 関 範昭 様 (40代 男性)

父親の思いを無意識に受け継いでしまったことが影響していたんですね

関 様

仕事場から向かう最中、緊張しながら電車にのっていました。

会社が新しいプロジェクトを立ち上げてはや四か月たち、やる気もあるのですが今一歩、しっくりこない感じがあり、営業や様々な企画も煮え切られていない状態。もっと動きまわりたいと思いながら時間が過ぎ去るばかりの時でした。ので、このセッションでどうなるのか思いながらむかっていました。

セッションはホントあっという間でした。私は、どうしたらもっと人間関係、特にはじめの一歩をどううまくやれるか、もっとスムーズに決意しなくても出来るのかが、課題でした。

結果、セッションで、扱うのに最適な年齢は、生まれる時(受胎時)でした。

自分の課題がこんなところにあったのかと、規定外でしたが、でも妙に納得しました。

確かに、父はいろいろな人間関係のなかで、大変な時期を通過していた事を聞いていましたのでなるほどなぁと思いました。

自分がもっと人に対してもっとフレンドリーになりたいと思いながら、今ひとつ行動できなかったのは、父親の思いを受け継いでいたことにあったんだ。それがストレスになり、行動を鈍らせていたのか、と非常に納得しました。

その後、私は涙を流しながら修正していただきまして、ココロがとてもすっきりしました。

あとで、脳を使ったからゆっくりしてくださいねって言われましたが、本当にその日の夜はふらふらになってしまいました。子供より先に寝てしまっていました。

でも、その日夢でその課題の原因である父の夢を見ました。不思議な夢でうまく表現はできないのですが、父と一緒のドライブをする夢でした。

ああ、こうやって課題を取り除けたんだなぁと改めて感じさせていただきました。これをきっかけにして、夢をもってますますがんばっていきたいです。

真由美さんのまるでお母さんのような暖かい感じの中でセッションを受けさせてもらってとても感謝しています。本当にありがとうございました。

セッションの申し込みはコチラから

体験談7 野口秀夫 様 (60代 男性) 健康管理士

「スリーインワン・コンセプツ®」というのが、こんなにすごいものとは思っていませんでした!

健康管理士 野口秀夫様

菅原さん、一生懸命、情熱のこもったセッションをしていただき、ありがとうございますした。

正直言って、「いやぁ、参った!、降参します!」という感じです。「スリーインワン・コンセプツ®」というのが、こんなにすごいものとは思っていませんでした。

事前に、ホームページを拝見し、「大体こんな感じだろうな」とわかったつもりで行ったのですが、その中身は私の想像をはるかに超えた凄いものでした。「体が答えを知っている」という「0リング」のようなものだろうと思っていたのですが、全然違いましたね。

あそこまで、親密に、繊細に、かつ、突っ込んで、「体に聞く、体から答えを引き出す・・」

時には体に「~してよいですか?」とお伺いを立てるかと思えば、体からの答えを1つ1つ確認し、生のリアルの反応を引き出す!

う~ん、凄いと言うほかないですね。

そんな手法に導かれて、体からの反応で、私の問題点に対する答えが「6歳の時」と「女性」にあるということから、「母のしつけ」というものが全面にあぶり出されてきた時、思わず、目頭が熱くなりかけました・・・

そして、その時から現在と未来にも懸け橋を作り、見事問題解決につながる。

「一つの行動」を取ることを自分から、コミットしていましたね。

お陰で、今まで、分かったようで分かっていなかった、いや、真相を知るのが怖くって、あえて避けていたものが見えてきて心のなかのモヤモヤが何かすっきりしたようです。今まではこのようなセッションを受けても、大体知っていることを聞くだけで終わっていました。

でも、今回は「頭で考え、それを口から答えるという従来の形ではなく」、質問をして、での答えをまさに「体から聞き出す」というすばらしい方法で真の問題点まで掘り下げていただいたこと、本当に尊敬し、かつ感謝しています。

なにか、自分が行動するコミットしたことを実際にやりこなすことができれば今まで自分の中で原因となっていたものがはじけ飛んで、新しい自分、古い殻を打ち破った自分というものに「遭遇」できる予感がしています。

何か、希望と光が自分の周りに飛び交っているような気がします。

ありがとうございました。心から感謝します。

セッションの申し込みはコチラから。

体験談8 星野 様 (40代 女性) 

娘にイライラしなくなりました。

菅原様、昨日はありがとうございました。

半信半疑で帰路につきましたが、不思議と心が穏やかで、その後も娘にイライラしなくなりました。

「あ、これはイライラするパターンだな」と思ったら、イライラする前に教えていただいたツボを刺激するようにしています。そうするとイライラせずに済むようになりました。

本当にありがとうございました。

体験談9 木村 様  (20代 女性)

自然と涙がでてきました。

先日は、すばらしいセッションをしていただき、ありがとうございました。自分の深い部分を知ることができました。問題の原因は、自分で自分を攻撃していることだと知りました。

今までずっと自分に対して自信がなく、価値を見出せなかった為に失敗するたび、そういった考え方がクセになっていたのですね。

その後、家について休んでいると、頭の中に5歳の自分が出てきました。また、同じように抱きしめて励ましてあげました。自然と涙が出てきました。

今回のことで、自分の過去やトラウマに区切りがつけられたと思います。色々なことがあるとは思いますが、自分が自分の味方になり、前向きに生きていきます。

本当にありがとうございました。また、よろしくお願いします。

セッションの申し込みはコチラから。

体験談10 田中 様 (30代 女性) 

前向きにとらえられるようになりました。

先日はありがとうございました。スリーインワン・コンセプツ®のセッションは本当に不思議な体験でした。特に扱うのに最適な年齢が3歳の時なんて、自分の意識ではもちろんなかったので、びっくりしました!  でも菅原さんの誘導で3歳のころの映像が自分の中に見えたことに、もっと驚きました!

あれからホームワークをやっているのですが、何よりも仕事で今までだったら落ち込んでいたことを、前向きにとらえられるようになったと、この1週間で思いました。

本当に菅原さんのお陰です。

過敏性大腸症候群のことは、以前比べていい方向に行っている気がするので、もう少しじっくり待ってみます。まずは今の仕事が少し落ち着き、気持ち的に楽になるようになってきたので、頑張ってみます。

言葉では表せないほど、菅原さんには本当に本当に感謝しています!ありがとうございます。

セッションの申し込みはコチラから。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました